怪我をした時に医療のために病院を利用するべきか。

私は以前に骨折をしてその治療に半年ほどかかったのですがその時に初めて医療の難しさを実感しました。

CONTENTS
サイト内検索(by Google)
怪我をした時に医療のために病院を利用するべきか。

私は骨折をして医療の難しさを実感した

私は以前にバイクで事故をしてしまい左肩と左上腕を骨折してしまいました。深夜だったことと事故の直後に気を失ってしまったこともあり通りがかった人が呼んでくれた救急車で病院に運ばれました。私が意識が戻った時は病院の処置室にいました。診断の結果は左肩と左上腕を粉砕骨折していました。とりあえずギプスで固定をされたのですが深夜ということもあって整形外科の先生がいないのでどのように治療したら良いのか解らないので翌日の診察時間内にもう一度来てくださいと言われて痛み止めを渡されました。その病院は自宅からはそんなに遠くはなくてかなり大きな病院だったので翌日診察時間内に整形外科の診察を受けました。しかしその時の先生はこのような状態を今までに診たことも治療をしたこともないのでどのように治療したら良いのか解らないので患者さんの希望する病院に転院してくださいと言われてしまい驚いたのと同時に医療の難しさを実感しました。

私は治療方法が解らないと言われて少し驚いてしまったのですが転院するように言われたので以前から通っている家の近くの整形外科に転院しました。長く通っている整形外科でしたので信頼していたのでその病院を選びました。かなり状態がひどかったので先生にも驚かれましたが的確に治療方法をいくつか出してくれましたし私が気になっていたことには全て答えてくれました。話しを聞いたうえで治療方法を選びましたがかなり治療には時間がかかりました。ギプスは半年もしていましたしギプスを外してからはリハビリが始まりました。転院した時に以前のように綺麗に治ることは不可能だと言われました。リハビリをして日常生活はできるようになりましたが左腕は上まで上げることはできませんし重い物を持つことはできなくなりました。長期間の通院による治療だったのですが無理をしなければ日々の生活は困らないようになりました。最初に行った病院の先生はこのような症状の治療経験がないから治療方法が解らないと言った時に驚きましたが同時に医学も難しいのだと実感しました。

大学で勉強をして試験に合格してやっと医師免許を取得できるのですが知識はあっても実際に経験していなければいくらお医者さんでも解らないこともあるのだと知りました。やはり経験を積み重ねていかなければ解らないこともあるので難しいし大変なのだと思いました。

Copyright (C)2018怪我をした時に医療のために病院を利用するべきか。.All rights reserved.