怪我をした時に医療のために病院を利用するべきか。

寒かった冬雪の多かった冬、あちこちで気温低下で医療の風邪や、循環器系や、またまた骨折がおおかったです。

CONTENTS
サイト内検索(by Google)
怪我をした時に医療のために病院を利用するべきか。

寒い冬で医療の骨折患者が急上昇

寒い冬です。気温がとっても下がって、うちのおじいさんが八十前ですが急に変なことを言い出して、部屋にお化けが出るとか、幽霊が出るとかいって震えだしました。おかしな症状で病院に連れて行くと、急激な気温の変化で、脳の血管に血液が廻りきらずに変な幻覚幻聴を見るとのこと、最近の老人にとても多い症状だそうです。医者から原因を知って一安心です。原因がわかれば対処ができできます。やはりかかりつけの医療機関があることでもし原因がわからなかったらおじいさん自身も苦しいし、一緒に生活している私たちも大変です。そんなわけで一応循環器系も寒さによって以上が出るんだと知りました。私は今年の雪で大きく滑って肋骨にひびが入るという事故にあいました。骨折したわけでなく、ひびが入っただけですが、胸にベルトをはめて生活しなければいけなかったので、また骨盤とかが骨折したんじゃなくて大事に至らなくとても感謝しました。

おじいさんの病気と言い、私の肋骨のひびといい、今年は病院など医療機関がとても込み合っていました。私の肋骨のひびのため病院の通院で外来の待合室で待っていると、近所の娘の友達のお母さんも腕に包帯を巻いて待っていました。そのお母さんは雪の日に車から降りるとき、荷物持っていて、雪で滑って体がふらつき転びそうになったのに荷物を放り投げることが出来ずに転んで腕を骨折したそうです。そのせいで日常生活が出来なくなって苦しいといっていました。また心配をかけないためと後から聞きましたが、実家の母も転んで尾てい骨を強く打って1週間入院しました。今年は寒さの成果負傷者が続出でした。皆さんも気をつけてください。

関連リンク

  • 留学の一覧ページです。

Copyright (C)2018怪我をした時に医療のために病院を利用するべきか。.All rights reserved.